2009年 12月 09日

忘年会第一弾:鮨

b0171244_1065265.jpg忘年会シーズンです。
仕事仲間と鮨屋に行って来ました。
そこで呑んだ酒です。

『渡舟 純米吟醸 びん熟

この銘柄は地元茨城の酒で、府中誉株式会社さんの酒。
以前から呑んでみたいと思ってたので、呑んでみました。

純米吟醸五十磨きの生詰です。
「摂氏0度のきっちりした低音管理のもと
びん内でゆっくり寝かせた純米吟醸です」とコメントあり!
さらに、香味の目安(びん詰後)も包装に案内があり、
「三ヵ月目安:みずみずしい香味」
「六ヵ月目安:やわらかな口当たり」
「十二ヶ月以上:時の経過とともにより広がる熟成味」
今回のは、しぼり日が平成21年1月、びん詰日が平成21年5月なので、
7ヶ月経過しと事になります!
と言うことは・・・やわらかな口当たり?


あ、こ~れは旨いですね~!
香り華やかで、説明通り、やわらかい口当たりです。
程よい熟成感も感じられ、私好みの旨みですね~。

いや~、びっくりしました。
一緒に行った仕事仲間も絶賛でした。
今後もこの「渡舟」要チェックですね~。
他のスペックも呑みたくなりました。

使用酒米の記載が無かったのですが、
もちろん「渡舟」だけに、幻の酒米「渡舟」でしょう!?・・・

以下、料理の一部と、他に呑んだ酒の一部です。

b0171244_1091923.jpg「刺身盛」
かわはぎを肝醤油で・・・絶品です!

b0171244_1093770.jpg「あん肝」
とろける様です・・・

「桐の花 純米吟醸」
筑波大学の酒です。
桐の花酵母使用、酒米は・・・ラベル未確認です。
旨いですね~。

b0171244_1094781.jpg「鮨」
美味い!が、この時は既に泥酔・・・


今回も呑み過ぎました・・・
ご馳走様でした。
[PR]

by dians | 2009-12-09 07:55 | 外呑み | Comments(4)
Commented by 酒呑親爺 at 2009-12-10 22:54 x
> しぼり日が平成21年1月、びん詰日が平成21年5月
ということは、この間はタル熟(?)して、その後に瓶熟されたということですか?
素人なもので。。教えてください。
ま、それはさておき、ウマそうですねー。
これで、お米が渡船でなかったら、詐欺ですね。(笑
Commented by EXCITER at 2009-12-11 01:59 x
diansさんの記事からして、相当良さそうですね!!
貴重なお酒なんですかね??
だとしたら入手が難しいのかな?
Commented by dians at 2009-12-11 11:37
>酒呑親爺さん

さて?その間は何処にいらっしゃるのでしょう?
ド素人の私には分りません・・・
米はやっぱり「渡舟」で間違い無いようです!(笑)
Commented by dians at 2009-12-11 11:45
>EXCITERさん

旨いですね~、お勧めです。
地元の酒だけに近所の酒屋さんではよく見かけます。
県外だと・・・、どうでしょう?


<< 郷乃誉 純米吟醸 20BY      英君 特別純米 無濾過生原酒 ... >>